· 

『工作 黒金星と呼ばれた男』

 対立する敵を全て討ち滅ぼすことよりも、掴み取った平和や安寧を維持していくことの方がきっと難しい。争いの火種は至る所に落ちていて、些細な事でぼく達は間違える。真正面から向き合うことができず、相手を誤解して、疑って、嫌悪して、憎悪して、拒絶する。

 たった一人の相手と分かり合うことすら困難なこの世の中で、国と国とが、それも分断してしまった国と国とが和解することなど、最早無理な話なのかもしれない。それでも、小さな積み重ねの一つ一つがやがて大きな意味を成していく。いつの日か訪れるであろうその日の一端を担った者達の、覚悟と意地と友情の実話を本作は描いていた。

 1980年の韓国を描いた『タクシー運転手 約束は海を越えて』、タイトル通り1987年の韓国を描いた『1987、ある闘いの真実』、そして1990年代の韓国を描いた本作。監督はそれぞれに異なりますが、ある意味3部作とも言える連なりを感じさせてくれる3作品。隣国・韓国と北朝鮮が抱える問題故に、他国の歴史と割り切ることもできるかもしれない。が、同じ人間である以上、誰しもが抱え得る問題。他人事では済ませられないモノだと思います。

青春★★★
恋    ★
エロ★
サスペンス★★★★
ファンタジー★★★
総合評価:A